コメント
甲府の南方に、市川大門という『ひいくんのあるく町』がある。デカい花火大会が有名な、粋でいなせの人々が住むこの町にひいくんが育てられ、また薄れゆく共同体がそのひいくんによって辛うじて繋がれている様を描いた素晴らしいドキュメンタリーを撮った青柳拓。このひいくんが、いつも土方のヘルメットを被ることになるきっかけを作ったのが空族常連俳優の鷹野毅だった。そんな地元ならではの小さな奇跡を互いの作品を通じて知ることになったのだが、その後、青柳は奨学金の借金を返すためにマグロ漁船に乗ってきますといったまま音信を絶ち、この『東京自転車節』という新作とともに彼は戻ってきた。昭和の時代、一攫千金の出稼ぎといえばマグロ漁船かダム建設の飯場というのが相場だったが、あの頃、誰がウーバーイーツなど想像したろうか?分断の最果てにしか見えないこの映画が映す東京で、それでも人と人を繋いでいるのだと走る青柳は、山梨随一の粋でいなせな町、市川大門で育ったぼこっつこん!地元の若ぇしが体張って作った映画、身ぃ染みて観てやってくりょうし!(涙)
富田 克也
空族
小型カメラ、自転車、セルフ、コロナ、東京、配達員、ドキュメンタリーとくれば、
好物以外のなにものでもなくて、さらに志がちゃんと真ん中にあって、
あの2020年の4月から5月の、見えない檻に覆われた東京を、
カメラと気持ちが一体になって進む様を、ずっとはらはらドキドキしながら見ました。
最高!
ただ、最後に向かう先はどうなんでしょう?
僕はそれが頭から離れません。
カンパニー松尾
AV監督
新しい日常という名の、殺伐とした生活様式。我々庶民はこのまま、システムの家畜に成り果てていくのでしょうか?
システムに囚われ、翻弄される青柳くんの愛らしさが全開で、思わず顔がほころびながら、巧妙なやり口を逆にひしひし感じさせる、必死の作品でした。僕も僕なりに、この世の中の風潮に、ささやかな抵抗を続けようと思いました。
七里 圭
映画監督
時間と天候に追い立てられながらの労働の中、それでも毎日を撮り溜めていくことを続ける手によって、小さなカメラは角度を変え、つける位置を変え、東京の路上で稼ぐひとりの人を記録する。
そのいちいちの手作業が、映画をつくるためともいえるが、システムの上を走らされないための手立てのように思えた。不思議なことに、働けば働くほどひとりになり、働く足が止まった時には、他者を気にかけて声をかける人たちが写り込む。
彼らも同じ焼け野原の社会の上でぐらつきながらも、言葉はまっすぐで、優しくて、こちらまで励まされた。そんな個別の強かさに気づかせてくれる映画だ。あちこちに聞こえない労働歌が無数にあることを想像させてくれた。
小森 はるか
映像作家
これは青柳版、日本版『ノマドランド』だ。こっちのノマドにゃロマンティックさは欠片もない。のほほんとした桜庭和志似の青柳くんが残酷な世界に触れ、変貌していく一連の展開は誰しもが考えるいまへの恐怖、不安、そして怒りに符合する。現在の日本を、怒りのデスロードをペダル踏みまくって激走する彼の姿に共感しかない。生きる力がガンガン伝わってくるドキュメンタリーかつ生活大大大活劇。全国民必修映画でしょこれ。イカれているのは世間か自分か。ゲットアップ、スタンドアップ!
川瀬 陽太
俳優
青柳監督がUberやりながら友人知人宅を転々としてると聞いたので、引っ越しを終えたアパートに誘った。路上で寝てる頃だったのだろうか、強烈に臭かった。辛そうだった。映画監督の余裕の観察眼で上から目線で撮ってる訳じゃなく、濁流に自身をブッ込み懸命に溺れかけながらやっているのだ。生き抜くぞ!撮り抜くぞ!!ゴーゴー命を燃やしながら漕いでいる。
岡 啓輔
蟻鱒鳶ル
コロナ、格差、非正規労働、教育ローン、さらに性風俗の複雑なシステムなどなど、現代的な問題が純朴な青年に襲いかかり、一気に狂気的な精神状態になってしまう。まさにこれは2020年の『タクシードライバー』だ!
村上 賢司
映画監督/テレビディレクター
青柳君って誰かに似ているなと思っていたけど格闘家の桜庭和志さんに似ている。
ヘラヘラと惚けながらも狂気を孕み、バシッと決める。
生きることは面倒臭い。稼ぐことも面倒臭い。映画を撮るなんてもっと面倒臭い。
面倒臭い世の中なら、一番気持ちいいことをしよう。泥臭くてもカッコ悪くても俺は撮り続けるぞ、こんちくしょう!!︎青柳くんもそうだろう!?︎
今田 哲史
ドキュメンタリー監督
ドキュメンタリーは嘘をつく、けど、ドキュメンタリーは嘘をつけない。そこに映し出されていたのは、実はすべてコロナ禍の前からそうであったのかもしれないものばかりだ(個人的ハイライトはあの流れで出てくる○○ホテルのリアリティとグロテスクさ!)。でもだからこそ、今ここで生きていくために山梨から東京に出てきてUber Eatsのデリバリーバックを背負い、iPhoneとGoProを装着した自転車をこぎ続けもがき続ける、愛すべき全身ドキュメンタリスト労働者、青柳拓監督にしか撮れなかったものだと思うし、監督は、今回の賭けにはさしあたり勝利した。でもだからこそ、そんな監督自身の姿も映り込んでいるドキュメンタリーの虚実のその先に、半径2メートルのその先に、監督の真の勝負が待っているのかもしれないし、おそらくそれはもう始まっている。
ハン・トンヒョン
日本映画大学准教授・社会学
コロナ禍、インターネット、youtube、uber eats。都市が作った強固なシステム。都市のゲームルールは明確に勝者と敗者の差を生んでいるけど、青柳くんはゲームをプレイしながら、ゲームをハックすることで楽しんでいる。乗るか反るかではなく、ハックする。ドキュメンタリー映画というフォーマットさえハックして、ドキュメンタリー映画が陥りがちな『ドキュメンタリーは客観的に真実を描く』という嘘を一切つかない。前の見えない薄暗い時代に自転車で正面衝突する、監督の遊び心と好奇心に満ちた、超正直で超主観的な素晴らしい作品です!
たかくらかずき
アーティスト/アニメーション作家
東京への道中流れる炭坑節の替え歌『東京自転車節』。なんだかバカバカしい。東京についてすぐ「すでに若干後悔してる」という青柳さんに笑ってしまった。その時は。
『東京自転車節』はエンドロールでも流れる。冒頭とは重みが違う。いつの間にか青柳さんに近づいてしまった。寄り添ってしまった。元になった炭坑節もきっと、本来はこの気持ちで聞くものなのだろう。
『人生は、近くで見れば悲劇だが遠くから見れば喜劇である。』
いつか笑って話せる日が来ますように。
立川 かしめ
落語家
『AKIRA』のようには破壊されなかった東京。この街は、世界は、今や映画そのもの。貧しき映画監督・青柳拓はそんな東京都心をUberEATSで稼ぎまわる。自らを食わせることと他者を食わせることが交わるとき、東京という「空虚な中心」(コピーライトマークロラン・バルト)と青柳のカメラ・アイとの焦点距離は限りなくゼロになる。ここにはセルフドキュメンタリーが私たちの物語に変わる瞬間がある。ともあれ今は皆で生きのびよう。いつか、この地獄の釜底が抜けた先に見える景色を思いつつ。
奥脇 嵩大
青森県立美術館学芸員
ウイルスにより幾度目かの焦土と化した首都で、彼はひたすらペダルを漕ぎ続ける。次第に荒くなる呼吸は、まるでウイルスに感染したかのようだ。ペダルと共に街は回転し表層が剥がされる。露わになるのは貧困、格差、断絶、孤独、経済の無慈悲な仕組み…。
しかしこの映画は絶望しない。コロナ禍をしたたかに生き抜き、真の標的に立ち向かう決意を表明する。その覚悟は観客の心にも確実にデリバリーされ勇気をもたらすだろう。漕いで漕いで漕ぎまくれ。コロナ禍を回せ、世界を回せ。明日は必ずやってくる。
村上 浩康
映画監督
すぐ隣なのに、透明のアクリル板で仕切られたような東京と山梨。故郷を捨てるように片道切符で乗り込んだコロナ渦の東京で、青柳拓監督はどれだけの絶望を噛みしめただろうか。
手を差し伸べてくれる人、新しく出会う人との縁を紡ぎながらひたすらチャリを漕ぎ、映画監督として考え、作ることをあきらめずに、人と人とのつながりを信じ、もがき続けた証として完成させた映画『東京自転車節』を憤りも絶望も希望とともに"あのバッグ"に詰め込んで、青柳拓監督自ら届けてくれた。
手塚 悟
映画監督
宣誓、僕達私達は。

畳に寝そべりながらロールプレイングゲームをしていたあの頃には予想もできませんでした。この映画をいやにリアルなディストピアSFだと信じたいけれど今日、ここに生きています。先生、僕たちはどこに辿り着けますか。ニンゲンのソンゲンって誰かが操作できるものなんですか。

漕げども焦げども焦がれども、人々の生活は目まぐるしく変わるのに僕らのオクニは変わりません。

セーブもリセットも効かない現実を疾走奔走し、ゼロ距離の息切れで体現する青柳拓。悲痛さに笑い、軽快さに泣き、ラストに思わず息を呑んだ。どんな仕事においてもせめて守られた中で、自分で走りたい。
根矢 涼香
俳優
2020年4月、コンビニバイトから帰ってきたら、安倍元首相の「うちで踊ろう」が流れてきてなんか号泣した。自分の生活は国から無視されていると思った。この映画を観て、ドキュメンタリーとは現実を無視しない意志のことだと知った。「働きたくない」と言いながら働いたことのあるすべての人は、この映画に自分の背中を見ると思う。
金子 由里奈
映画監督
「働」くとは文字通り「人」が「動」くって事で、
こんな「人」が「動」いてはいけないとされている中の東京を、
青柳くんは動きまくって稼いでいる。
しかも映画監督は映画を撮るのが仕事なので「働」いていたのだ。
この映画は青柳監督が最高の主人公の青柳くんと共に作った、
緊急事態宣言ディストピアエンターテイメント!!
Uber Eatsの中の人にも届けてあげたい!!
そして巻き込まれて欲しい(あ、でも、外資か、怒られちゃうか…)!!
内堀 義之
写真家
この映画を観たら、青柳拓という人間が好きになる。なんか憎めない。それと同時に、ヘラヘラしながら真っすぐ生きる彼を見ていると、自分は何を大切に思うのか、何者なのだろうかと考えてしまう。同世代で他人事ではないからこそ、これをただの「今どきの若者のリアル」とは思ってほしくない。究極の労働ムービーがここに!!
近藤 笑菜
俳優
この映画は日常を束ね、編集し、人間のしぶとさを隆起させ、都市に血を通わせる。Uber Eatsという思いもよらぬ場からの力のこもった一打。「映画にする事」の力を信じるチームと協働し、この時代を小さな存在の声を紡ぎあげる事で広げて見せてくれる。文字になる前の生の詩が土手南瓜の如くアオヤギのまわりに転がっている。情けなさもそのままに逞しくなり、声は幼さを隠す素振りのかけらも無く、ありのままで懐かしい。
マイアミ
青柳監督によるセルフドキュメンタリーなロードムービーもしくは煮物としての映画。 狭い道を素早く自転車で走り抜け、大通りに出た時の広がる景色から風を感じ、映画館に風 が吹いている。 「もしかして、監督が映画館と路上を繋ぐために風穴を開けてしまった?」 配達員として飲食店とお客さんを繋ぐように、映画と路上のリアルをも繋ぐ青柳監督。とに かく、自転車を漕ぎ、この時代でどうにか生きている姿をカット&ミックスし煮物のように グツグツと煮込むわけです。苦難や希望を混ぜこぜにして煮物のように料理したこの煮物、 辛かったり甘かったり、見事に味わい深い煮物になっている。「美味い!!」 自分自身を素材、人生自体を物語の骨格とすることで、コロナ禍で加速していく貧困問題が 逆照射されるわけで。監督自身の出会いの良さが投影されて物語が面白く成長し、映画が自 立していく、いつの間にかその物語に没入してしまうけれど、しかしこれはやはりリアルな ドキュメンタリー、しっかり噛みしめて食べる煮物でもある。
吉田山
散歩詩人
青柳監督と話すと、いつも自分の見えていなかったことに気がつく。この映画もそうだった。
コロナ禍での格差・貧困を本当に想像できていただろうか?山梨から上京してきた、借金が550万円もある、コロナ禍の東京でウーバーイーツで働いている青年の人生を想像できていただろうか?そんな特殊な(しかし普遍的な)状況、なかなか思い至らない。だから、東京自転車節を見る。
2021年、今まさに観るべき映画だ。
夏衣 麻彩子
映画監督
コロナ禍の東京に青柳くんは自転車で突っ込んでいった。
そういえば、1度目の緊急事態宣言が発令された時、身の回りには確証のない噂話であふれていた。
誰もが翻弄され、漠然とした不安を感じていた。
この映画は、収束の余地を見せない1年後の今、鑑賞者に「結局、生きるって何ですか?」という普遍的な問いを投げかける。
数字では見えない、人々の暮らし、葛藤を青柳くんは「足」を使って映し出している。
村松 佑樹
イラストレーター/画家
僕はこれまでなにかを知ったふうに生きていただけなのかもしれない。
知ってるはずの青柳くんも、東京も、この映画には映っていなかった。
汚く醜くも力強く生きている人達が踏ん張っていた。
僕はこの映画を忘れないだろう。そして、これからはもっと泥臭く生きていくんだと心に決めた。
佐野 弘樹
俳優
映画は「時代」を映す鏡と言われるが、それはドキュメンタリーの使命でもあり、『東京自転車節』は見事に「時代」を映している。正にいま、リアルタイムで鑑賞することに意味のある作品である。コロナ禍に配達員として自転車で東京を駆け巡る、この映画の主人公である監督は、いまを全身全霊で生きている。ドキュメンタリーで、娯楽映画のようにわくわくさせられるとは思わなかった。
古東 久人
映画ライター